ロボットにか見えない文字


応援して頂けると嬉しいです^^
ロボットにしか見えない文字にはいくつか種類があります。

1、display:noneタグの利用
2、フレームの外に文字を配置する
3、ブラウザの外に文字を配置する


1、display:noneタグの利用とは?
display:noneタグとはブラウザには実際表示させないという意味があります。
ですからHTML的にはキーワードなどのテキストをいくら書き込んでも人の目には
見えません。ロボットだけには読めて人には見えないということです。


2、フレームの外に文字を配置する行為とは?
詳しくは書きませんがフレームには非表示エリアというものが存在します。
そこには何をどんな風にどれだけ書き込んでも人の目には見えません。
これを悪用しキーワードをH1タグで書きまくるということも出来てしまうのですが、スパム行為なので禁止です


3、ブラウザの外に文字を配置する行為とは?
スタイルシートである設定にするとブラウザの外の離れた位置に文字を
配置することができます。

要するに今見ているモニター画面の上部30cmくらい上や横に外れた位置など
好きな場所に文字を配置することができるのです。
これはもちろんモニター外なので人の目には見えませんが、ロボットはその文字を読み込みます。
これが2番と同じ理由でスパムとなります。

1.SEOスパムを理解する
2.隠しリンクを張る
3.リンクファーム
4.複数コンテンツ(デュープリケイト・コンテンツ)
5.H1タグの偽装
6.ロボットにか見えない文字
7.画像の属性に無関係な言葉(キーワード・スタッフィング)
8.出口が一つしかないページ
9.javascriptを使った反則行為


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17149250
晴れさて今日のあなたは【】があるのだろうか?晴れ
この中のどれかに1つブログランキング攻略の鍵が眠っています。さてあなたは探せるでしょうか?^^

6分の1の確立!!
1. ブログランキング 2.ブログランキング
3.ブログランキング 4.ブログランキング
5.ブログランキング 6.ブログランキング
ランキング応援して頂ける方のみお試しください。

この方法は使えるなと関心して頂いた方はクリックお願いします。→人気ブログランキングへ

アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。