javascriptを使った反則行為


応援して頂けると嬉しいです^^
1.javascriptを使った反則行為とは

javascriptはHTMLとは違ってロボットが認識することができません。
そのロボットがjavascriptを読めないことを利用して行われる反則行為のことを指しています。

2.どんなスパム行為があるのか?
あなたがどこかのページを開いたとします。
javascriptを利用するとそのページを開いた瞬間に他のページが開き
そこへユーザーを誘導するということが可能になります。

するとどうなるかというと、ロボットはあなたが本来開いたページしか
見えず、実際にあなたが誘導されたページは読めていないということになります。

ですからあなたが誘導されたページではどんなスパムや反則行為をしていてもロボットには読めないということになり無法地帯となってしまいますので禁止とされています。

1.SEOスパムを理解する
2.隠しリンクを張る
3.リンクファーム
4.複数コンテンツ(デュープリケイト・コンテンツ)
5.H1タグの偽装
6.ロボットにか見えない文字
7.画像の属性に無関係な言葉(キーワード・スタッフィング)
8.出口が一つしかないページ
9.javascriptを使った反則行為

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
晴れさて今日のあなたは【】があるのだろうか?晴れ
この中のどれかに1つブログランキング攻略の鍵が眠っています。さてあなたは探せるでしょうか?^^

6分の1の確立!!
1. ブログランキング 2.ブログランキング
3.ブログランキング 4.ブログランキング
5.ブログランキング 6.ブログランキング
ランキング応援して頂ける方のみお試しください。

この方法は使えるなと関心して頂いた方はクリックお願いします。→人気ブログランキングへ

アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。