インターナル、アフィリエイト作業効率を10倍高めるソフトウェア発売 - マイナビニュース


応援して頂けると嬉しいです^^

インターナルは、アフィリエイト作業効率を高めるために、ソーシャルブックマークサイトのアカウント取得およびブックマークを自動化できるツール「ブックマークキング」の提供を3月30日より開始していると発表した。

「ブックマークキング」ブックマークアカウントを育てる機能

同ツールは、アフィリエイターの多くがインデックス促進、SEO対策、アクセスアップの目的で実践しているソーシャルブックマーク登録について、アカウント取得およびブックマーク登録を自動化することで、よりアフィリエイト作業を効率化し、時間を短縮する、という目的のもと、作業効率が10倍になるソフトウェア。

自動化による作業効率比較

日本国内の7サイト、海外の4サイトを含めた合計11サイトの主要なソーシャルブックマークサービスに対応し、アカウントの自動取得やブックマーク登録はもちろん、一部サイトにおいては「画像文字認証」を自動で突破する機能を実現。ブックマーク登録では、手動の作業の10倍速(5サイトでの弊社調査比)のスピードを達成し、10倍の作業効率を実現した。

「画像文字認証」の自動突破

また、運営ブログのURLを入力するだけで、すべての個別ページ、記事まで一括でまとめてブックマークできる機能や、ブックマークする際のブックマークアカウントが毎回偏らないようにランダムで選択する機能、ブックマークアカウントを自然に運用するためにソフト起動時に関連サイトを自動ブックマークする「アカウントを育てる機能」などが利用できる。

製品の価格(税込)は、¥9,800円。

この記事はマイナビニュースより引用しています。

NFC使うアフィリエイトサービス、バリューコマースが特許取得


応援して頂けると嬉しいです^^

 バリューコマースは2013年4月16日、近距離無線通信規格のNFCなど非接触ICカード携帯端末を利用したアフィリエイトの特許を取得したと発表した。この技術を活用してO2O(Online to Offline)アフィリエイトサービスを展開していきたいとしている。

 取得した特許は特許第5210707号(公開番号2009−276932)「携帯アフィリエイト・トラッキングシステム」。2008年5月13日に出願されている。

 まず、アフィリエイトサイトをICカード付きの携帯端末で閲覧し、来店時に店舗設置の非接触ICカードリーダー/ライターにタッチ。すると、ICカードのID番号がURLのパラメーターとして送信され、来店確認が行われる。誘導したアフィリエイトサイトに来店成功報酬が支払われるというものだ。

 バリューコマースでは「ICカードのID番号を送信すること自体に独自性はないが、アフィリエイトと組み合わせたことに新規性があると考えている」という。

 同社はすでにFeliCa(フェリカ)を搭載した携帯電話を使用したアフィリエイトサービスを実施した実績があり、今後この技術とNFCを組み合わせたサービスを提供していきたいとしている。

(ITpro 高橋信頼)

この記事は日本経済新聞より引用しています。

【SEO対策の基本】かつ【重要な事】


応援して頂けると嬉しいです^^
【SEO対策の基本】かつ【重要な事】はご存知でしょうか?



こんな事で困っていませんか?

@ SEO対策しなければと持っていても、実際にどうすれば良いか分からない。
A 知っているが時間と労力がかかるので手が付けられていない。
B 自分でやっているが、時間と労力がかかりすぎている。


SEO対策をされている方はご存知かと思いますが、
【SEO対策の基本】かつ【重要な事】



それは、


続きを読む

メルぞうってなんだ?


応援して頂けると嬉しいです^^
ぴかぴか(新しい)ランキングで順位の確認!! は今いらないので(笑) m(*T▽T*)mと応援ポチを

こんばんは、ようやく涼しくなってきた今日この頃いいかがお過ごしでしょうか?
季節の変わり目に体調など崩さぬよう
みなさまもお気をつけください。そんなこと言ってる自分がちょっと風邪気味な
驚愕アフィリエイトyou川嶋ですσ(´・ω・`)


昨日の日記でお話した最近流行の「メルぞう」ですがこれどういう使い方を
すればいいか分からないと、ちょっともったいないなというわけで
メルぞうについて少し書いてみたいと思います。

基本的にメルぞうでは無料レポートを作成し配布して手に入れたアドレスから
メルマガの読者を増やしましょう
といった趣旨といえばわかりやすいでしょうか

メルマガを出されている方ならもう絶対やるべきですし利用しているとは思うのですが
メルマガがないとやってもしょうがないじゃん」と思われている方多いんじゃないでしょうか。

そんなことないですd(・ω・*)

そんなわで今日はメルマガを持っていない人向けの「メルぞう」
利用方法を紹介したいと思います。
理由としてはまず第一に無料レポートを配布する意味と言うのがあげられます。

下の相関図を見ながら読み進めてみてください。
melzou.jpg

無料レポートには自分たちのブログや誘導したいアドレスなどを紹介することは
自由ですので無料レポートがダウンロードされ読まれるという事は
ブログやサイトへのアクセスも稼げるという事
です。

レポートを読んで内容がよければコレを書いている人はどんな人なんだろうと
ブログやサイトのURLが掲載されていればのぞきに来てくれます。

その場合自分のサイトや
ブログで自分のレポートを落としてもらってもたしかに

意味がありませんΣ(-∀-;)

それではサイトへのアクセスとレポートの配布率が常に等価値にしかならないためです。
しかしここで「メルぞう」のすごいところは「協賛紹介制度」というものがあることです。

これは簡単に言えば他の人が作った、レポートを自分が紹介してダウンロードしてもらうことで
メルマガを持っている人は、一緒にメルマガを登録してもらえるという制度。
この一緒に紹介してもらえる数というのが協賛ポイントになるわけですが
そのポイントが誰かのレポートを紹介することで溜まっていくのです。

これの何がすごいかというと

質のいいレポートであれば
メルマガを出している人たちがどんどんあなたのレポートを
自分の知らないところで他の人が
ブログやメルマガで紹介していってくれるという事
です。

驚愕アフィリエイト発行のレポートも発行部数が数千部のメルマガで紹介され
ものすごい勢いでダウンロード数が伸びています。
それに伴ってブログへのアクセスも増えています。

毎日、コメント回りをして手に入るアクセスは多くても100〜200の間ですが
このレポートが運んできてくれるアクセスは断然大きなものになりますし自力では稼げないような
アクセスを生んでくれます。


要するにメルマガをお持ちでない方でも「無料レポート」さえ作っておけば
サイトやブログへのアクセスを伸ばすことが出来るということです。

しかし「メルぞう」で本当に有効なのはメルマガを出している人です。
明日はメルマガを出している人向けの「メルぞう」解説をしていきたいと思います。

そして今日でちょっとメルぞうに興味がわいた方は一足先にこの
『メルぞう 動画マニュアル!』
パソコン初心者でもガンガン分かるムービーレポート!メルぞうの動画マニュアル作りました!メルぞうの使い方のポイントも解説しています


こちらを見て置いていただけると分かりやすいと思います。
ではまた明日(`・д・´)ゞ!

最近話題の「あれ」と「レポートコンボ」


応援して頂けると嬉しいです^^
ぴかぴか(新しい)ランキングで順位の確認!! は今いらないので(笑) m(*T▽T*)mと応援ポチを
こんばんは、昨日hideyoshiから夢のない男扱いを受けました
驚愕アフィリエイトの気まぐれ男you川嶋です(〃∇〃) ゞ

ディズニーランドがどうとか語ると好感度落ちそうなので(元々ない)
今日はそこは触れないことにしまして、メルマガの編集後記ででも
いずれお話ししてみたいと思います。

驚愕の2人が書いているメルマガ
hideyoshi・you川嶋の、『ネットでがっつリ稼ぐコツ』

「パクリじゃん!ガ━(゜Д゜;)━ン!」

とタイトルを聞いてツッコんだのは川嶋も同じです(笑)

では早速本題に入りたいと思いますが
今日の本当のタイトルは「アイデア作りやサイト構想はパソコン前でしない」です。

我々は普段は無料レポートや購入した有料ノウハウ
書籍など様々なものを普段持ち歩いて生活しています。

例えば今持ち歩いているレポートは
@【田渕式】携帯サイトアクセスアップの盲点!有料マニュアルに書かれていない逆転発想戦略

A携帯アフィリエイトマニュアル 導入編(全266項)月200万円を達成した成功者の失敗しようがないノウハウ!

最近携帯アフィリエイトに興味をもってよいレポートを探していたんですが
これ全260ページ以上の大作でとても1日で読み切れませんでした^^;

けどこれ時間かけて読んでみた甲斐はありましたよ^^

こんな感じです。
コレ実は2つのレポートは意味があって2つ紹介しています。

まず第一に@の田渕さんのレポートを読んでいただければ分かりますが
この2つがあればすごいことができるのです。
@を読むとAは必ず欲しくなると思います(笑)
また今日書いているこの記事の意味が分かると思います^^

こんな感じでアフィリエイトは現在のところ本業ではありませんのでそうして
空き時間を有効活用しています。
そして何か情報となるものを眺めているとふとした瞬間に
アイデアや構想なんてものは浮かんでくるものです。

そしてそれを的確にメモしておくことができればそれだけで
数日分の記事は書けてしまいます。..._〆(゚▽゚*)チャントメモシトイタヨ
それを帰宅した後にパソコンの前について手直しをしながら
書き込んだり実践するといった形です。

時間がいくらでもあるような環境でしたら、パソコンの前について
ゆっくりと情報収集しながら構想も考えられるでしょうが
そうでない方には自分がそうでしたのでもっと時間を有効に使って
いただきたいと思いますしその手段が必要だと考えています。

その手段の一つとしていかに有益かつ参考になるような情報を
パソコンから外に持ち歩けるようにしてあるかということも重要になると思います。

□ヽ(〃 ̄ー ̄)ノ□ 情報ゲッチュ♪

パソコンやインターネットでいくら情報を収集して保存しておいても
そこでしか見れないということはあまりに不便だからです。
外に出歩いていないときでもパソコンやネットにある情報を取り出すためには

@パソコンの電源を入れる
A立ち上がるのを待つ
BIEやファイルを立ち上げ目的の情報を開く
Cその情報源の見たい部分を探し出す


といった具合にかなりのステップを踏まなくてはなりません。
しかし、印刷して紙にしてあるとその手間は省けますし
持ち歩いていれば暇な時間にいつでも見ることができ
端を折ったり書き込んだりすることで様々な利便性がうまれます。

そんなことを考えて当ブログにある情報をはじめは自分たちのためにだったんですが
みなさんにも有効に使っていただこうと思い作成してみました。

そんな中実は最近とあるサービスが話題になっておりこういった
レポートのいままでとは違う使い道が生まれてきています。
まだご存知でない方は乗り遅れてしまわないように
明日このレポートの使い方について最近話題の「メルぞう
についても触れたいと思いますのでぜひまたいらしてみてください。

現在驚愕アフィリエイトで用意してあるレポートは
【hideyoshi&you川嶋直伝】濃密なSEOマガジン『使える一誌』
【hideyoshi・you川嶋直伝】知っている人だけが得をする『RSSのススメ』
【hideyoshi・you川嶋直伝】魔法の記事生成術

そしてこの中でもSEOレポートは紹介文にもたしかに
自分たちで永久保存版と書いていたのですが(笑)
とある有名な方に「永久保存版」とご紹介いただいてありがたいことにかなりの勢いで伸びています^^

正直自分たちでも驚いているのですがまだ発行して1週間もたっていない現在ですでに
このレポートたちが生んでくれたハウスリストはすでに6000件を超えていますΣ(Oдo;)ノノ

では長くなってしまいましたので続きはまた明日にヾ(´▽`*)ゞ

RSSで巡回リストを作成する


応援して頂けると嬉しいです^^

以前他のブログ様のところでも紹介されていたアイデアなんですが
この方法は自分なりのRSSリストを作成します。

それをどのように使うかと言いますと

例えば

毎日必ずコメントをするブログ
数日に一回はコメント巡回するブログ
コメントではなくトラックバックを打つブログ


など様々な自分専用のリストをRSSで作成し新着記事が
更新されていることを確認してから飛んでいくという使い方ができます。

これはアイデア次第ですし、十人十色の使い方があると思いますので
ここではこれ以上は触れません。

またこの使い方をする場合は、ブログに張りつけるタイプのRSSではなく
RSSリーダーと言われるソフトを活用するほうがスマートに扱うことが出来ます。


オススメのRSSリーダーは過去の記事
RSSのススメにある
RSSナビから探してみてください^^

フッターの作成法 seesaa編


応援して頂けると嬉しいです^^

2006年08月04日に アフェリエイトで稼ぐブログ術 のsakataさんより
フッターの作り方についての疑問があったようなので解説していきたいと思います。

まず中身についてなんですが構造は簡単です。

驚愕アフィリエイト!!TOPへ | サイトマップ | アフィリエイト単語帳 | ブログランキング | ASP登録所 | SEO対策ツール | 相互リンク集

このテキストを各カテゴリーのURLへのアンカーテキストに変えるだけです。

そしてその設置方法は

【デザイン】→【コンテンツ】→【コンテンツの追加】を開いてください。
WS000015.jpg

次に【カテゴリーの追加】より【自由形式】を選択。
WS000027.jpg


@好きなようにタイトルを付けてください
Aここには好きなデザインで「フッター」として表示させたいカテゴリを
記入してそれをアンカーテキストにして内容を完成させます。
B保存してください。

WS000031.jpg

@【表示するページ】欄の全てにチェックをいれます。
A【配置】でフッターを選択
B【並び順】は表示させたい数字をいれます。
C最後に変更ボタンを押す

WS000034.jpg

K更新履歴ページの作成


応援して頂けると嬉しいです^^


ひらめき更新履歴ページを作ろう

ブログには新着記事という名目でこの機能が搭載されています。
なのでブログで「新着記事」をカテゴリとして設けていれば大丈夫です。

と思ったら大間違い(笑)

ブログに標準で搭載されている「新着記事」は読んで字のごとく記事しか
新しく追加された内容を表示してくれないのです。

ここでいう「更新履歴」とはブログの仕様ですね。
ピックアップサイトを追加したとか
逆アクセスランキングを追加したなど
ブログの更新履歴を掲載しておくとなにかと役に立つのです

なにかってなによ?

例えば
8/1逆アクセスランキングにサイト「驚愕アフィリエイト」様追加
8/2トップにピックアップサイトとして「驚愕アフィリエイト」様追加
8/3新カテゴリASP紹介所を追加
8/4相互リンクコーナーに新着サイト「驚愕アフィリエイト」様追加

これ書いてもらったほうは嬉しいに決まってます。
相手が喜ぶという事は自分にも何かがちゃんと返ってくるものです。

このコーナーは実は使い方次第といえるんです
応用は限りなく利くと思います。
ある意味なんでもありのサイト内紹介として利用できます。
もっとうまい活用の仕方は一度みなさんでも考えてみてくださいね♪

ユーザビリティーに限りなく近い要素ですが
もちろんキーワード数とリンク数を稼げますのでSEOとしても効果があります

@トップページの最適化をしたい方
A画像のALT属性を付けたい方
Bリンクをキーワードの入ったアンカーテキストにしたい方
Cサイト名にキーワードが入っていない方
DフレームページやFLASHページを使っていた方
Eサイト内リンクを意識的に増やしていなかったあなた
F全ページのフッターにメニューがなかった方
G全ページの左にメニューがない方
H各ページのタイトルにキーワードが入っていない方
Iページの1行目を重要視して作成していない方
Jサイトマップがまだない方
K更新履歴ページがまだない方

ひらめき感謝!なんとTOP10入りまであと1つわずか○○ポイント!ひらめき
     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


Jサイトマップの作成


応援して頂けると嬉しいです^^


ひらめきサイトマップとは

サイトの構成が一見して分かるような案内図のような役割を果たします。

ユーザビリティー
└作成することによってユーザーが迷子になりにくい作りに出来る
SEO
├クローラーがサイト内をくまなく移動するために利用され未クロールのページをなくせる
└キーワードの数の確保ができる


現在驚愕アフィリエイトではトップページに似たようなカテゴリを
用意しているのとまだ全体を公開できない段階なのでまだ用意していません。
現在予定している段階まで記事を出し終えれば、もちろんサイトマップは作成します。

むしろ早く作りたいくらいです(笑)

ひらめきサイトマップの書き方
サイトマップは驚愕アフィリエイトのトップのようなカテゴリ式でもいいですし
左サイドバーにあるツリー形式にしてもいいと思います。
ただ一ついえることは形や形式はそんなにこだわらなくていいということ
どちらかというとこれはあるだけで価値があるので見た目は気にする必要はありません。

例えば驚愕アフィリエイトのサイトマップならばTOPにカテゴリーしていない
記事がまだまだ埋もれてますので、現在の形式に追加していく予定です。

ひらめきサイトマップの位置

サイトマップを作成したらそのリンクは何処に配置してもいいのですが
驚愕アフィリエイトのフッターのカテゴリに現在「サイトマップ」とだけ書いてあって
未リンクになっている位置あたりが配置としてはオススメです。

@トップページの最適化をしたい方
A画像のALT属性を付けたい方
Bリンクをキーワードの入ったアンカーテキストにしたい方
Cサイト名にキーワードが入っていない方
DフレームページやFLASHページを使っていた方
Eサイト内リンクを意識的に増やしていなかったあなた
F全ページのフッターにメニューがなかった方
G全ページの左にメニューがない方
H各ページのタイトルにキーワードが入っていない方
Iページの1行目を重要視して作成していない方
Jサイトマップがまだない方
K更新履歴ページがまだない方

ひらめき感謝!なんとTOP10入りまであと1つわずか○○ポイント!ひらめき
     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Iページの1行目は重要視される


応援して頂けると嬉しいです^^


ひらめきクローラーは重要なことは始めに書いてあると判断する

ページのタイトルやサブタイトルだけではなく
本文でもやはりクローラーは重要なことははじめの方に書いてあると
考えています。ですからデザイン面も考慮しつつ可能な限りで構いませんが

ページの第一行目には
h1タグなどの装飾文字」で
目立つ」ように
キーワードの入った言葉」を
配置しましょう。

@トップページの最適化をしたい方
A画像のALT属性を付けたい方
Bリンクをキーワードの入ったアンカーテキストにしたい方
Cサイト名にキーワードが入っていない方
DフレームページやFLASHページを使っていた方
Eサイト内リンクを意識的に増やしていなかったあなた
F全ページのフッターにメニューがなかった方
G全ページの左にメニューがない方
H各ページのタイトルにキーワードが入っていない方
Iページの1行目を重要視して作成していない方
Jサイトマップがまだない方
K更新履歴ページがまだない方

ひらめき感謝!皆様のおかげで1週間で約700位→○○位!までランクアップひらめき
     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

H各ページのタイトルにもキーワードを入れる


応援して頂けると嬉しいです^^
ひらめき感謝!皆様のおかげで1週間で約700位→○○位!までランクアップひらめき
     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


ひらめき各ページのタイトルにもキーワードを

各ページのタイトルってなんだ?というとこれです。
ページタイトル

通常各ページごとに設定するタイトルハブの部分に書き込みます。
ここ各ページごとの一番重要な部分ですのでgoogleロボットが一番最初に認識します。
そしてタイトルタグに含まれる言葉をページの最重要キーワードだと考えていますので
この中には無駄な言葉は一切いれず

20文字以内を目安にSEOで狙っているキーワードを盛り込んでください


ひらめき注意事項

なら書くなよΣ(-∀-;)と言われてしまいそうなんですが・・・
この方法はCSS(カスケーディングスタイルシート)要するにスタイルシートで

管理されているブログにはページごとの設定はほとんどできませんので
現在ブログをお使いの方は気にしなくていいと思います。
ブログの方はCサイト名にキーワードを使うを参考にしてください。

アフィリエイトをブログではなく一般のサイト形式で運営されている方は
同じように各ページのタイトルタグを大切に扱ってくださいということです。

@トップページの最適化をしたい方
A画像のALT属性を付けたい方
Bリンクをキーワードの入ったアンカーテキストにしたい方
Cサイト名にキーワードが入っていない方
DフレームページやFLASHページを使っていた方
Eサイト内リンクを意識的に増やしていなかったあなた
F全ページのフッターにメニューがなかった方
G全ページの左にメニューがない方
H各ページのタイトルにキーワードが入っていない方
Iページの1行目を重要視して作成していない方
Jサイトマップがまだない方
K更新履歴ページがまだない方

ひらめき感謝!皆様のおかげで1週間で約700位→○○位!までランクアップひらめき
     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

G全ページの左にメニューを設置+アイデア


応援して頂けると嬉しいです^^
ぴかぴか(新しい)ランキング応援のポチを!! m(*T▽T*)m

これは理屈としてはFの全ページのフッターにメニューを設置
まったく同じになります。
ただし注意して欲しいことは、これはあくまでフレーム組みして作るのではなく

@ブログのスタイルシートを利用して作成するか
Aブログやスタイルシートを使わないのであればそれと同じに見えるように
 メニューが全ページに張り付いている物

と考えてください。これによってサイト内に張られるリンク数と増加する
キーワード数はかなり稼ぐことができます。

そしてAの仕組みはメンテナンス性には非常に欠けるのですが
ホームページ製作ソフトのMacromedia - Dreamweaverでは
この各ページに共通した同一部分だけを一括して編集する機能も
搭載しているようなので有効に活用しましょう。

当サイトはブログの形でスタイルシートを使っていますので上のような使い方は
してませんが一部で似たようなものを作っているのでご紹介します。

ひらめきアフィリエイト単語帳
  └まだまだ未完成ながらとりあえず作ってみた単語帳。
   仕掛けとしてはこれもっといい使い方あるんですがまだちょっと停止中・・。

これは何の仕掛けもなくただたんに単語の数だけ記事を書いて
カテゴリ風に表示しているだけです。ものすごく手間かかりました(汗)
そしてメンテナンス性最低ですね(笑)ま、まぁ試みの一環という事で。

しかし実はここに検索エンジンからのアクセス。
「え?こんなキーワードどっかで書いたっけσ(・_・。)俺??」
みたいな意外なところからも結構あるんです。。。

キーワード数も稼げるし、検索に引っかかる幅が増える。

けど手間かかる。Σ(-∀-;)

うん。これはやってみたい方だけどうぞ(・ε・)ノ

@トップページの最適化をしたい方
A画像のALT属性を付けたい方
Bリンクをキーワードの入ったアンカーテキストにしたい方
Cサイト名にキーワードが入っていない方
DフレームページやFLASHページを使っていた方
Eサイト内リンクを意識的に増やしていなかったあなた
F全ページのフッターにメニューがなかった方
G全ページの左にメニューがない方
H各ページのタイトルにキーワードが入っていない方
Iページの1行目を重要視して作成していない方
Jサイトマップがまだない方
K更新履歴ページがまだない方


F全ページのフッターにメニューを設置


応援して頂けると嬉しいです^^

Eサイト内リンクをたくさん張る


応援して頂けると嬉しいです^^
ひらめきサイト内リンクを張り巡らせる

これはgoogleがリンクをたくさん張ることを価値のあることだと判断しているためです。

またブログを利用している場合、各記事からトップページへのリンクを張ることで
相当数の被リンクをトップページにアンカーテキストで与えることが出来ます

記事に対しても被リンクを与えることが出来ますので
当ブログで利用している「カテゴリの一覧リンクを張る」という方法も参考にしてみてください。

ひらめき参考に見てみる
ブログランキングとはのコーナーの全ての記事の下のリンク

100%の情報ではありませんが以前yahooのスコアリングアルゴリズムに変化があった時
この方法を使っているサイトの順位があがったと聞きましたので現在は
当ブログでは積極的に活用しています。

またサイト内リンクを張るときは
キーワードを含んだアンカーテキスト」で作ることを心がけてくださいね^^

ひらめき関連記事
スコアリングアルゴリズムって何?
アンカーテキストについてもっと詳しく

@トップページの最適化をしたい方
A画像のALT属性を付けたい方
Bリンクをキーワードの入ったアンカーテキストにしたい方
Cサイト名にキーワードが入っていない方
DフレームページやFLASHページを使っていた方
Eサイト内リンクを意識的に増やしていなかったあなた
F全ページのフッターにメニューがなかった方
G全ページの左にメニューがない方
H各ページのタイトルにキーワードが入っていない方
Iページの1行目を重要視して作成していない方
Jサイトマップがまだない方
K更新履歴ページがまだない方


DフレームページとFLASHページは避ける


応援して頂けると嬉しいです^^
ひらめきSEOに弱いサイトの構築方法を知ろう

これはブログを利用している場合はとくに気にしなくてもよいのですが
通常のサーバーを借りてサイトを運営していて以下の2点の方法で
サイトを構築している場合にご注意ください。

「フレーム」を利用したページ

利便性はあるのですがSEO的には不利になります。
本気でアクセスアップを図るのなら使うのはやめたほうがいいです。

「全てFLASH」で構築されたページ

デザイン性や利便性に優れている一面もあるのですが
その中に書いてあるテキストを検索エンジンのロボットは全く読みこめないので
SEO的には完全に不向きといえます。

今現在この2つの方法でサイトを構築しているのであれば
SEOでアクセスアップを図るためには直したほうがいいという事になります。

@トップページの最適化をしたい方
A画像のALT属性を付けたい方
Bリンクをキーワードの入ったアンカーテキストにしたい方
Cサイト名にキーワードが入っていない方
DフレームページやFLASHページを使っていた方
Eサイト内リンクを意識的に増やしていなかったあなた
F全ページのフッターにメニューがなかった方
G全ページの左にメニューがない方
H各ページのタイトルにキーワードが入っていない方
Iページの1行目を重要視して作成していない方
Jサイトマップがまだない方
K更新履歴ページがまだない方


Cサイト名にキーワードを使う


応援して頂けると嬉しいです^^
ひらめきサイト名にキーワードは含まれているか?

サイト名が「独自のサイト名」や「会社名」だとそのものズバリのキーワードで
検索をかけないとなかなかヒットすることはありません。

アフィリエイトに多いブログには比較的文章的なタイトルが多いので
いずれかのキーワードを含んでいることがありますが
そうでない一般サイトの場合は意外と見落とされています。

会社名や屋号の名前だけをタイトルにするのではなく
「〜なら○○」といったように書き方を変えることで

形が「キーワード+○○」となるために
キーワードを含んだ検索に引っかかるようになります。


アンカーテキストでそのキーワードのリンクを受けることになりますので
SEO的に非常に大きな効果があります。



「アパマン」                    ×
「アパート・マンション・賃貸ならアパマン」 


@トップページの最適化をしたい方
A画像のALT属性を付けたい方
Bリンクをキーワードの入ったアンカーテキストにしたい方
Cサイト名にキーワードが入っていない方
DフレームページやFLASHページを使っていた方
Eサイト内リンクを意識的に増やしていなかったあなた
F全ページのフッターにメニューがなかった方
G全ページの左にメニューがない方
H各ページのタイトルにキーワードが入っていない方
Iページの1行目を重要視して作成していない方
Jサイトマップがまだない方
K更新履歴ページがまだない方


Bリンクをキーワードの入ったアンカーテキストにしたい方


応援して頂けると嬉しいです^^
ひらめき内外へのリンクは必ずキーワードの入ったアンカーテキストで

よく内外のリンクを問わず参照してもらいたいページにリンクを張るときに
「こちらから」「〜はこちら」というのを見かけますが
あれはもったいないです。内部リンクでしたら自分のリンクで損をしてしまいます。

この「こちら」というリンクをクローラーが見るとクローラーは
「こちらについて書いてあるページ」に飛ぶリンクなんだなと考えます。

そうするよりも、リンクはアンカーテキスト内にしっかりとキーワードを含め
リンク先には何が書いてあるのかをロボットにも教える説明的な言葉にしましょう。
こうすることでリンク先の被リンクにもSEO的にもメリットがでてきます。

 

アンカーテキストの利用法については「こちら」から  ×
アンカーテキストの利用法」へ             

詳しくはSEO関連記事
アンカーテキストの攻略

@トップページの最適化をしたい方
A画像のALT属性を付けたい方
Bリンクをキーワードの入ったアンカーテキストにしたい方
Cサイト名にキーワードが入っていない方
DフレームページやFLASHページを使っていた方
Eサイト内リンクを意識的に増やしていなかったあなた
F全ページのフッターにメニューがなかった方
G全ページの左にメニューがない方
H各ページのタイトルにキーワードが入っていない方
Iページの1行目を重要視して作成していない方
Jサイトマップがまだない方
K更新履歴ページがまだない方



A画像にはALT属性を付ける


応援して頂けると嬉しいです^^
ひらめき画像のALT属性とはなにか?

ALT属性とはユーザー的に見ると画像を表示できなかったユーザーがいた場合
訪問者に対してその表示されていない位置になんという(どんな)
画像があったのかを標すために文字情報を組み込むものです。

またその画像の役割を記すことでユーザーに画像の意味を伝える
という意味合いも含んでいます。

次にSEO的方面からALT属性を考えると
検索エンジンのロボットはHTMLの中に記述された言葉やキーワードは読むことが出来ます。
しかし画像の中に記述された言葉は人間と違い認識することができません。

よってロボットはその画像を見つけたときにこれは何の画像なんだろう?と考えてみても
理解できないのです。そこでこのロボットに対して、HtmlにALT属性を記述してあげると

「ここには○○○という画像があるんだな」とロボットは理解してくれます。
またこの画像の説明にキーワードを盛り込むことで
SEOのキーワード数稼ぎに役に立つというメリットもあります。


ひらめきALT属性の記述の仕方

例として次のような画像をページ内に配置したとします。

ALT属性サンプル

このときに画像のHTMLは
<imgsrc="Http://big-tokuten.up.seesaa.net/image/93C193T8DD582E8.gif
"width="724"height="226"/>
となっています。

上記のようにマウスを乗せたときに属性を表示させるためには
画像の指定の中に次の一文を加えるだけです。
<imgsrc="Http://big-tokuten.up.seesaa.net/image/93C193T8DD582E8.gif
"alt="特典祭り"width="724"height="226"/>

特典祭りとなっている赤字部分に画像の名前や説明となる
キーワードを入れてあげて下さい。

ひらめき注意事項

ただしSEOとしてALT属性を利用しキーワードを差し込むことは以前から使われており
悪用が耐えなかったため今では、使い方を間違えればgoogleからスパム扱いを
受けてしまう場合もありますので適切な使い方をしてください。

詳しい内容はSEOコーナーの関連記事へ
画像の属性に無関係な言葉

@トップページの最適化をしたい方
A画像のALT属性を付けたい方
Bリンクをキーワードの入ったアンカーテキストにしたい方
Cサイト名にキーワードが入っていない方
DフレームページやFLASHページを使っていた方
Eサイト内リンクを意識的に増やしていなかったあなた
F全ページのフッターにメニューがなかった方
G全ページの左にメニューがない方
H各ページのタイトルにキーワードが入っていない方
Iページの1行目を重要視して作成していない方
Jサイトマップがまだない方
K更新履歴ページがまだない方


@トップページの最適化をしたい方


応援して頂けると嬉しいです^^
ひらめき今日の一言 「クローラーはTOPページからやってくる

あなたのページにクローラーがやってきたときまず目に付くところはTOPページです。
そして早速「このページはどんなことが書いてあるか?」を知ろうとします。

その時TOPページに画像しかないと、クローラーはそれを理解できません。
ですからきっちりサイトの説明をするためには、
TOPページにテキストを必ずいれておいたほうがベターとなります。

サイト内へのクロールをさらに確実にするためには
TOPページをメニュー形式にすると効果があり
これはクローラーだけでなくユーザビリティーにも優れているといえます。

トップページのカテゴライズの仕方については当ブログでも対策済みですので
参考にしていただければと思います。

またトップページの最適化として一番避けたほうがいいのは
「ENTER]や「画像」だけしかない入り口ページです。


ひらめき今日のポイント

・TOPページにテキストを必ずいれておく
・TOPページをメニュー形式にする
・トップページを「ENTER]や「画像」だけの入り口にしない。


@トップページの最適化をしたい方
A画像のALT属性を付けたい方
Bリンクをキーワードの入ったアンカーテキストにしたい方
Cサイト名にキーワードが入っていない方
DフレームページやFLASHページを使っていた方
Eサイト内リンクを意識的に増やしていなかったあなた
F全ページのフッターにメニューがなかった方
G全ページの左にメニューがない方
H各ページのタイトルにキーワードが入っていない方
Iページの1行目を重要視して作成していない方
Jサイトマップがまだない方
K更新履歴ページがまだない方

ページ最適化チェックシート


応援して頂けると嬉しいです^^
SEOの詳細は以前SEO講座で詳しくご説明しましたが
今日からまた少しSEOを見て行きたいと思います。

ここからは現在のあなたのサイトを見直し問題点があれば、すぐに見直し
具体的な改善を実行できるような形にしていきたいと思います。
では早速今現在のあなたのサイトには下の項目でいくつSEO対策として
すでに施されているかチェックしてみてください。


ページ最適化チェックシート

@トップページの最適化
A画像のALT属性は付けたか
Bリンクはキーワードの入ったアンカーテキストになっているか?
Cサイト名にキーワードは入っているか
DフレームページやFLASHページは使っていないか
Eサイト内リンクを意識的に増やしているか?
F全ページのフッターにメニューはあるか?
G全ページの左にメニューがあるか?
H各ページのタイトルにキーワードは入っているか
Iページの1行目を重要視して作成しているか?
Jサイトマップはあるか
K更新履歴ページはあるか?

どうでしたでしょうか?ここでチェックが全部付かなかった方は
まだSEO的に大きな改善点が残されていますので、明日から一つずつ

「なぜ?(why)」必要なのか
「何を?(what)」すればいいのかを


公開していきたいと思いますのでどうぞご期待ください。

ページ最適化チェックシート

@トップページの最適化をしたい方
A画像のALT属性を付けたい方
Bリンクをキーワードの入ったアンカーテキストにしたい方
Cサイト名にキーワードが入っていない方
DフレームページやFLASHページを使っていた方
Eサイト内リンクを意識的に増やしていなかったあなた
F全ページのフッターにメニューがなかった方
G全ページの左にメニューがない方
H各ページのタイトルにキーワードが入っていない方
Iページの1行目を重要視して作成していない方
Jサイトマップがまだない方
K更新履歴ページがまだない方

晴れさて今日のあなたは【】があるのだろうか?晴れ
この中のどれかに1つブログランキング攻略の鍵が眠っています。さてあなたは探せるでしょうか?^^

6分の1の確立!!
1. ブログランキング 2.ブログランキング
3.ブログランキング 4.ブログランキング
5.ブログランキング 6.ブログランキング
ランキング応援して頂ける方のみお試しください。

この方法は使えるなと関心して頂いた方はクリックお願いします。→人気ブログランキングへ

アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。