文書を書くことが苦手な方へ


応援して頂けると嬉しいです^^
記事を書きたいけれど、文章がどうも苦手でまとまらない
伝わりづらいなどの悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

何を隠そうこのブログを共同で作っているうちの相方もそうです!

言っちゃった (〃ノ∇ノ) 後で消されていないことを祈るばかり・・笑

そこでいろいろと話あった結果一つの解決策が見つかった?かどうかは
わかりませんがこう考えてもらえればもっと書きやすくなるんじゃないかという
答が一つ見つかりましたので記事にしてみたいと思います。


まず初めに、普通の人は「話す」ことは普通に出来るんですよね。
中には口下手な人もいるかもしれないですけれども
それでも「書く」ことよりは慣れてますし上手なはずです。
しかし文章を書こうとペンを持ったとたんに「文章を書く」と構えてしまって
いるのではないでしょうか。

文章だと思って考え出すと、ここでああしなきゃこうしなきゃと
考えてしまったりしているようです。

記事は誰に向けて書いていますか?」の項でお話したように
「みなさん」ではなくて「あなた」に語りかけるように記事は書いた方が
効果的だと私は考えてます。

ならば語りかければよいのです。
まず話してみる、そしてその言葉を紙なりPCに単純に書き写せば
記事は結構簡単にかけてしまうものです。
あまりに話し口調でしたら、その部分だけ少し手直ししてあげればちゃんと文章になります。

書こうと思うと構成やら流れやらを初めに考えたりしてごちゃごちゃしてきてしまいます
話すのであればそれも自然に出来上がったものが浮かんでき易いと思います。

「まず先に頭の中で伝えたいことを話し、それを書き写す」

どうも文章が苦手だなぁと感じているならばぜひ一度試してみてください^^

記事は誰に向けて書いていますか?


応援して頂けると嬉しいです^^
記事は誰に向けて書いていますか?

記事を書くときにとても大切なことがあります。
それは書いている人と読んでいる人の関係です。

聞き手の気持ちで考えてみてください。

校長先生が全校生徒みんなの中のあなたにお話かけている言葉を聞いているのと
校長先生があなた1人に対して話しかけている言葉を聞いているのとでは
どちらの話が心や気持ちに届くでしょうか?

今記事を書いているときあなたは「みなさん」に記事を書いてしまっていませんか?
1:1で語り合う方がその言葉や気持ちは相手に伝わりやすいです。
1人の読み手に話しかけているように書くということは非常に大切になってきます

あなたのブログを毎日何百人が見に来るようになったとしても
そのパソコンの前にいる人はいつも1人でしかないんです。
お客さんが"one of them"ではなく"top of them"である意識を持つ
これはあなたがみんなのなかの1人ではなく、みんなのなかの一番である
という考えを全てのお客さんに持つという意味です。

これはブログやサイトの趣旨や方向性や役割によって違いますがうちのような
教本的な性質の情報サイトはこの手法で記事を書くほうが相手に伝わります

これはホント簡単なことからすぐ始められるんです(o′∀`o)

記事は誰に向けて書いていますか?
これからは「みなさん」にではなく「あなた」に書いてあげてくださいね^^

1.記事の書き方・ネタの振り絞り方
2.タイトルから連想される記事
3.タイトルから決める
4.タイトルからタイトルを作る
5.あなたが知ってることを誰もが知ってるとは限らない
6.記事を分割する
7.最後の手段を使う(笑)
8.タイトルを舐めてはいけない
9.記事は誰に向けて書いていますか?

タイトルを舐めてはいけない


応援して頂けると嬉しいです^^
タイトルを制する者は記事を制す
そして記事を制する者はアフィリを制す


いい言葉ですね。今考えました(笑)

いや冗談抜きにして、これ即席にしてはかなり確核心を突いた言葉だと思います。
タイトルというものはそもそも、より記事を読んでもらいうために付ける物であって
決して記事欄にタイトル入れなきゃ再構築できないから付けるもの。。じゃありません(笑)

自分でネットサーフィンしている時、
なぜ気になるサイトを区別できているか?
      ↓
それは  ↓
      ↓ 
興味を引くタイトルだからです
いくつも記事があり並んでいれば自然と人の目はより目に付くものや特徴のあるもの
そして気になるものを探します。

この3つの要素をタイトルが持っていればそれだけ、目立つことが出来るのです。
いくら内容の濃い記事を書いても目にもとまらず読んでもらえなければ宝の持ち腐れです

そして、なぜ自分でネットサーフィンしている時、気になるサイトを区別できているか?

それも、興味を引くタイトルだからです
ベストセラー作家の中谷彰浩氏も、
『どんなに中身が優れていても、タイトルで気を引くことができなければ手に取ってもらえない』と
断言されています。参考までに中谷彰浩氏の出してきた本のタイトルを御覧ください。

見てみる

どうでしたでしょうか。もうタイトルだけで興味を引かれるものばかりだったと思います。
では人の意識に呼びかけるようなタイトルとはどのようなタイトルなのでしょうか?
それはタイトルの時点で効果を一瞬で連想できる

これが必要なのです。
そしてこれができていると
自然にターゲット(興味ある人)が絞られます。

しかしこれを本格的に研究していたらコピーライターになれてしまうので
ここでは結構使える基本的なタイトルの種類とテクニックを紹介します。


1、中身を要約したもの
ページの内容を一目でわかるように要約した言葉をタイトルにする
もうこれは説明もいらないと思いますね。ここでは記事タイトルの付け方を説明する記事なので
この方法を使うと「記事タイトルの重要性と付け方」って感じになると思います。

2、疑問形&中途半端で終わらせる
いろいろなところで見かける「素敵なタイトルの付け方とは?」って感じなら疑問系。
「素敵なタイトルの・・・」となっていれば中途半端系です。

これの何処がテクニックなのかといますと、この「?」で終わる方法や
「中途半端」で終わる手法にはれっきとした根拠があるからです。
これを「ツアイガルニック効果」といいます。
簡単に言うと
問題が完全に解決されてしまうとその問題については忘れてしまうが、
《中断されたり、答えがなかなか与えられないと深く記憶に残る》という効果です。

よくマンガやアニメやドラマのいいところで「来週に続く」ってやつもまさにこれですね
もう気になって気になってしかたがなくて、結局1週間興味が続いているわけです。
そして毎週見てしまう(笑)この効果は絶大なんです。。

3、語呂を合わせたり韻を踏む
「海老で鯛を釣るタイトル作り」もうこれ自分なら読みますね。
これは内容とはあまり関係がないのですがひとつの要素として重要なポイントを含んでいます

それは「人は聞きやすい言葉に印象を強く受ける」からです
特に日本人には5・7・5を自然と聞きやすく感じたりする特性をもっていたりもします

4、インパクトで勝負
「史上空前!最強のタイトル作り!」
これアホみたいにインパクトありますよね。
「ここまでいうならどんな内容なんだろう」と嫌でも興味を引かせられます
またこの記事のタイトル「タイトルを舐めてはいけない」はあえて言うとこの手法を使っています。

5、具体的納な効果を期待させる
「120%に今よりタイトル作りが上手くなれる方法」
これなんかはあくまで例ですが具体的な数字が含まれることで
「このタイトルの中にある文章を読んだらどうなるか」という効果を予測することが出来ます

これで興味を引くという方法ですね。
ただしこれあまりその効果もないのに書いてしまうようなタイトル負けなのは
後で「がっかり感」が残りますので・・・ご利用は計画的に(笑)

1.記事の書き方・ネタの振り絞り方
2.タイトルから連想される記事
3.タイトルから決める
4.タイトルからタイトルを作る
5.あなたが知ってることを誰もが知ってるとは限らない
6.記事を分割する
7.最後の手段を使う(笑)
8.タイトルを舐めてはいけない
9.記事は誰に向けて書いていますか?

最後の手段を使う(笑)


応援して頂けると嬉しいです^^
それでも記事が思いつかないあなた。
最後の手段をお教えします。でも実をいうと一番使えるだけでなく
全く違法性はありませんのでご安心を(笑)

まず自分がいつも参考にしているサイトやブログを開いてください。
そこにはたくさんの記事がありますよね?とても役に立つと思います。

全部パクッてください(爆)

タイトルから記事までこっそりとごっそりコピーしてきてください。
そしていろんなところから思う存分盗んできてください。
そしてその記事をを並び替えてもうブログが出来ちゃうくらい全部構成も
作っちゃってください。

さて・・・ここでアップしたら盗作もいいとこですw
でもまだあなたの文章エディタやPCの中に眠っているだけですよね?

それにこれから魔法をかけます・:*:・゚'もっと素敵な記事にな〜れ〜(^-^)ノ~~・:*。・:*:・゚'☆

というわけで(笑)結局は手動ですが・・

・全部自分の言葉で書き直してください。
・不必要だと思う言葉を削ってください
・これも書いてあったら親切だと思うようなことを調べたりしてどんどん追加してください。
・そして最後にもっと素敵だと思うタイトルをつけてあげてください。

これで記事どころかブログ丸々完成します。(゜□゜;)!!何ッ

とはいえあなたの書きたいことやイメージはちゃんとあると思いますので
それと組み合わせながらあなただけの記事を作っていってくださいね^^

1.記事の書き方・ネタの振り絞り方
2.タイトルから連想される記事
3.タイトルから決める
4.タイトルからタイトルを作る
5.あなたが知ってることを誰もが知ってるとは限らない
6.記事を分割する
7.最後の手段を使う(笑)
8.タイトルを舐めてはいけない
9.記事は誰に向けて書いていますか?


記事を分割する


応援して頂けると嬉しいです^^
記事には時間的に見て2つの書き方や用途があります。

1.書いた日や時間を問われる記事
2.いつ書いてもアップしてもいい記事


この2つではないでしょうか
そして問題になるのは毎日書かなければならない体質のブログを運営している方の記事では
ないでしょうか。毎日書くということもその内容を考えることも大変疲れます。

そんな時にとにかく記事の数が欲しくなりますよね

そこで記事分割法ももし試していないのなら使ってみてください。
これは長くなるような記事だった場合にいくつかに分けるということです
またこの記事のように最初1つで書いていたものが

1.記事の書き方・ネタの振り絞り方
2.タイトルから連想される記事
3.タイトルから決める
4.タイトルからタイトルを作る
5.あなたが知ってることを誰もが知ってるとは限らない
6.記事を分割する
7.最後の手段を使う(笑)
8.タイトルを舐めてはいけない
9.記事は誰に向けて書いていますか?

などのようにどんどん増えたらカテゴリとしてしまって
毎日一つずつ書けばいいのです。
このカテゴリ記事は全て1日というか1回でで書いていますのでタイトルで
「1日これから毎日1つずつ紹介していきますね」と書いて
毎日アップしていけばもうタイトル1日+6日=7日分の記事がかけたことになります。
一週間分先に出来てしまえば、その間にいくらでも記事の貯金ができます。

また記事でよく見かける手法が

@1日目で問題出しをして
A2日目に答え出しをする方法です

これでしたらひとつの内容で2日分記事が書けますし、今日の訪問者に
翌日も来てもらえるというリピート効果もありますので有効です。




あなたが知ってることを誰もが知ってるとは限らない


応援して頂けると嬉しいです^^
タイトルで全て内容を語ってしまいました。これを認識してください

そしてます冒頭で言いました
「これは今更言うほどのことでもないくらいのことなのですがもし知らない人がいるとその人が大変損してしましますのでぜひ一度読んでいってください。」
これが全ての答えです。
このコーナーの記事文章はこの発想からそもそも書いたものです。

あなたが記事を書けない理由、それは知識はあるのにそれを当たり前で書くようなことではないという認識です。
もし初心者を対象としたブログやサイト作りをしているのであれば、読んでいるのは当然初心者であるということになります。
本当の初心者というのは本当に何も知らないものです。
あなたにとって当たり前のことが通用しません。
あなたが今まで蓄えた知識、情報、テクニックその全てを記事にすればよいのです。
そういうことが書いてあるブログやサイトを見てあなたはそれを覚えたはずなんです。
知らなかった時期やことがたくさんあったと思います。
それと同じことをしてあげればいいんですね。

また初心者対象でなくともネットの世界は広大です。
全ての方がその情報や知識を100%知っていることはほとんどあり得ません
あなたは記事が足りないからここを読んでくれているのですよね?
ならば記事はいくらあってもいいんです。
こんなこと書くようなことじゃないな」という認識の方がよっぽど有り得ないと思いませんか?

1.記事の書き方・ネタの振り絞り方
2.タイトルから連想される記事
3.タイトルから決める
4.タイトルからタイトルを作る
5.あなたが知ってることを誰もが知ってるとは限らない
6.記事を分割する
7.最後の手段を使う(笑)
8.タイトルを舐めてはいけない
9.記事は誰に向けて書いていますか?

タイトルからタイトルを作る


応援して頂けると嬉しいです^^
タイトルは閃きでしかありませんので、必要に応じていつでも用意できるものではありません。そこでそのタイトル自体をさらに搾り出す方法をご紹介。

タイトルからタイトルを作るということはどういうことなのか?

今から例として記事タイトルを作ってみたいと思います。
yahoojapanもなんでもいいんです記事なんて雑誌でもチラシでもネットでも
いたるところに転がっています。
ここではyahooのスポーツというカテゴリから適当に記事を選別します。

『小笠原「気持ちを入れて戦うことが重要」(ISM)』

さてこの記事を使いましょう。

記事は自分の言葉で気持ちを入れて書くことが重要

これでよくないですか?w

これで書けといわれれば十分に必要とされる記事はかけます。
こうやってテーマ自体がもう出来てしまいます。
パーツで見ていろんな言葉を当てはめてみればタイトルを作ることは簡単です。
ぜひ一度試してみてください。

1.記事の書き方・ネタの振り絞り方
2.タイトルから連想される記事
3.タイトルから決める
4.タイトルからタイトルを作る
5.あなたが知ってることを誰もが知ってるとは限らない
6.記事を分割する
7.最後の手段を使う(笑)
8.タイトルを舐めてはいけない
9.記事は誰に向けて書いていますか?

タイトルから決める


応援して頂けると嬉しいです^^
タイトル作りは大切です。これによって中身を読んでもらえるかもらえないかも決まってしまうと言っても過言ではありません。

ならタイトルから決めてしまいましょう。
なんかかっこいい言葉や、タイトルって案外普段思いついているんだと思います。
けれど残らないのはあなたがメモを取らないからです。

普段からメモ帳などを持ち歩いたり、今なら携帯のメール機能に書いて保存するなり、外からPCアドレスに送ってしまうなりすればそのアイデアが消滅することはありません。

そしてそのタイトルから記事を書くのです。
書くテーマがまず思いつかない、というテーマで書いていますのでその内容に関してはご自分で考えてくださいねw
これ実は雑誌などで企画だしをするときの常套手段として用いられます。
タイトルさえ良ければそこからひねり出した内容も十分な質のものができるという証拠です。
この方法とメモを取る習慣があれば記事は確実に増えていきます。

1.記事の書き方・ネタの振り絞り方
2.タイトルから連想される記事
3.タイトルから決める
4.タイトルからタイトルを作る
5.あなたが知ってることを誰もが知ってるとは限らない
6.記事を分割する
7.最後の手段を使う(笑)
8.タイトルを舐めてはいけない
9.記事は誰に向けて書いていますか?

 

タイトルから連想される記事


応援して頂けると嬉しいです^^
まず、いろんなブログやサイトやメルマガをあなたは読んでいるでしょうか?
もしほとんど読んでいないでアフィリエイトをしているなら、しようとしているなら
「もうやめたほうがいい」です。時間の無駄です

アフィリエイト自体、常に早い流れの中で動いていますので情報というもの自体
「ずっと正しいということはない」世界なんです。
常に新しい情報収集をしていない限り、すぐ置いて行かれて
昔書いた記事自体がもう役に立たないか、嘘情報を提供している事件になってしまいます(笑)

だから常にブログやサイトやメルマガは見ていかなければなりません。

それをしているのでしたら、そこからヒントを貰いましょう。
記事を読まずにタイトルだけを見てください。あなたのブログやサイトににない内容のタイトルと感じれば
もう記事はできたも当然です。
記事は見ないでそこから書けるだけの知識で書いてみる。もちろん分からないことが出てくる。そこから記事を読んだり調べたりして情報を仕入れながら、記事を完成させていく。

これで記事の内容はタイトルから生まれたあなたの発想ですので
斬新な内容が生まれたり、タイトル通りの内容になっていても盗作にはなりえません。

これで上手く行けば、参考にしたタイトルの記事通りの内容ができるか、新しいものが生まれるか、どちらかもしくわ2記事できちゃうこともあります。

1.記事の書き方・ネタの振り絞り方
2.タイトルから連想される記事
3.タイトルから決める
4.タイトルからタイトルを作る
5.あなたが知ってることを誰もが知ってるとは限らない
6.記事を分割する
7.最後の手段を使う(笑)
8.タイトルを舐めてはいけない
9.記事は誰に向けて書いていますか?

記事の書き方・ネタの振り絞り方


応援して頂けると嬉しいです^^
記事をたくさん書いた方がいい

これは今更言うほどのことでもないくらいのことなのですが
もし知らない人がいるとその人が大変損してしましますので
ぜひ一度読んでいってください。

なぜ記事がたくさん必要なのか?

1.記事が増えれば言葉が増える=SEOに自然と強くなる。
2.内容がたくさんある=1度に読みきれず訪問者がまた来てくれる
3.為になる内容を提供することで信頼度が増す=この人の所なら・・・と思われる
4.書くことで調べる週間がつく=自分の勉強になる

簡単に言ってこんなところでしょうか
これはもうみなさんもう十分理解してると思います。
でも記事を書けないのはズバリ「書くことが思いつかない」からなんですよね^^;
みなさんがまずぶつかる壁はこれなんじゃないでしょうか
何を書いていいのかわからない。だから記事が増えていかない
そんな時のネタの振り絞り方をいくつかご紹介します。


1.記事の書き方・ネタの振り絞り方
2.タイトルから連想される記事
3.タイトルから決める
4.タイトルからタイトルを作る
5.あなたが知ってることを誰もが知ってるとは限らない
6.記事を分割する
7.最後の手段を使う(笑)
8.タイトルを舐めてはいけない
9.記事は誰に向けて書いていますか?

晴れさて今日のあなたは【】があるのだろうか?晴れ
この中のどれかに1つブログランキング攻略の鍵が眠っています。さてあなたは探せるでしょうか?^^

6分の1の確立!!
1. ブログランキング 2.ブログランキング
3.ブログランキング 4.ブログランキング
5.ブログランキング 6.ブログランキング
ランキング応援して頂ける方のみお試しください。

この方法は使えるなと関心して頂いた方はクリックお願いします。→人気ブログランキングへ

アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。